ドキュメント事業は、構造改革により実現した強靭なコスト体質を活かし、収益の源泉であるオフィスプロダクト&プリンター事業の競争力を強化するとともに、独自のAI 技術とIoT・IoH 技術を活用し、多様化する働き方を支援する新しいソリューションやサービスを提供することで、ソリューション&サービス事業の成長を力強く確実なものにします。

<強み>

ソリューション&サービス事業で、注目を集めているのは、「働き方改革」を支援する「商品、ソリューション、サービス」群です。多様な働き方を実現するには、外出時にもオフィスにいるときと同じように働ける環境の整備が必要です。その中でも特に必要なのは「いつでもプリントアウトできる環境」、「校正、承認が簡単なソフトウェア」、そして「安全に情報共有できる環境」です。

<オフィスに縛られない働き方のポイント>

【ポイント①】プリンターの確保:ネットプリントサービス
全国に2万店以上あるセブンイレブンのマルチコピー機を使えば、外出先で作成した資料を、いつでもプリントアウトできます。また、お客様との商談で急に必要になった資料も、オフィスに帰ることなくクラウドからダウンロードしてプリントアウトでき、効率的に働くことができます。
 

【ポイント②】モバイルワークを強力に支援するソフトウェアDocuWorks 9
外出・出張時に、資料の校正や承認業務を止めてしまうことがあります。それは、資料の訂正やコメントの記入前に、メールで届いた資料のプリントアウト、作業後にはスキャンして返信するなど、作業の手間が増えるからです。しかしDocuWorksを使えばWordやPDFなどの電子文書もプリントアウトせずに、あたかも紙の資料を渡された時のように付箋を貼ってコメントや訂正内容を書き込んだり、見積書や申請書などには承認印を押したりすることもPC上で簡単にできます。こうして机の上で紙文書を扱うような直観的な操作性を実現しながら、作業の手間を増やさず、外出・出張時のモバイルワークを強力に支援します。
 

【ポイント③】安全な情報共有:Working Folder
外出先に重要情報が入ったPCなどのモバイルツール、書類を持ち歩くのは、セキュリティー上のリスクがあります。また、メールによる情報共有時には、厳重なパスワード設定が必要です。これらの問題に対し、オフィスの外にいてもオフィス内のサーバーにアクセスするような感覚で、セキュアな環境でスムーズな情報の出し入れ・共有を可能にするのが、Working Folderです。情報は信頼性の高いクラウド上のデータセンターに保管されているので、大量の書類やデータファイルを入れたPC、USBなどを持ち歩く必要はありませんし、さらには社外の取引先とも情報共有しやすくなります。