CSR計画「SVP2030」と中期経営計画「VISION2019」

 富士フイルムグループは2017年8月に、2030年をターゲットとしたCSR計画「Sustainable Value Plan 2030(SVP2030)」と、中期経営計画「VISION2019」を発表しました。
 SVP2030は、当社がグローバル企業として持続可能な社会の実現に貢献するために、SDGsなどの国際的な要請も踏まえ、長期的に目指す姿を示したものです。 中期経営計画「VISION2019」はSVP2030で掲げた目標を、事業を通じて達成するための具体的な行動計画として位置づけています。
 当社はこの二つの計画を軸に、事業を通じて「新たな価値」を創出し、「社会の持続的な発展」と「当社のさらなる成長」を目指してまいります。